• HOME »
  • エルマシステム

エルマシステム

ご使用中の鉛蓄電池に装着するだけでバッテリー寿命を延命

『エルマシステム』は、エルマ社が1998年に開発した鉛蓄電池のサルフェーション劣化を還元再生し、電池寿命を最大限に延命することができる独自開発技術です。エルマ製品を鉛蓄電池に装着することで、ナノセックサイズパルス『エルマシステム』が、電極板に付着した鉛蓄電池劣化原因『サルフェーション結晶=硫酸鉛』を分解除去し、元の希硫酸と二酸化鉛・鉛に戻します。
『エルマシステム』は、極めて微弱なパルスで鉛蓄電池にも設備にも影響がなく、バッテリーに装着したまま鉛蓄電池寿命を飛躍的に延命することができます。

エルマシステムの6つのメリット

エルマシステムによる電池寿命延命実績

エルマシステムは、2004年徳島工業短期大学の実証試験において、鉛蓄電池寿命を2倍以上に延命できる技術であることが実証されています。
また、サルフェーション劣化した鉛蓄電池の電圧、電池容量を初期レベルまで回復できる技術であることも実証されています。

バッテリー 充放電回数 補足
エルマ製品設置 300回以上 電池劣化することなく、一定状態が続いたため、実験を終了
エルマ製品なし 130回で寿命 寿命になったこの電池に対し、エルマ製品を装着した状態で1日1回充放電を繰り返して再生を試みた結果、開始から半年で電池容量がほぼ新品時まで回復

エルマシステム導入実績

  • 病院、ホテル、商業施設・・・非常灯用無UPS、非常用発電機用UPS、自走式電動スイーパー
  • 物流倉庫・・・電動フォークリフト、電動式ハンドリフター
  • 各種メーカー等工場・・・電動フォークリフト、無人搬送装置
  • データセンター・・・データーサーバー用UPS

非常用電源・バックアップ電源再生延命実績

設置稼働先 海上保安庁 灯台 設置後経年 10年
バッテリー製造日 / 種別 1985年 / USP CS 電池期待寿命 10年~14年
設置日(設置時経過年数) 2006年(17年目) 現在電池寿命 約27年目で交換
設置稼働先 電力系発電所設置 設置後経年 7年
バッテリー製造日 / 種別 1992年 / USP CS 電池期待寿命 10年~14年
設置日(設置時経過年数) 2006年(14年目) 現在電池寿命 約21年
設置稼働先 電力系付帯設備 設置後経年 6年
バッテリー製造日 / 種別 1993年 / USP MSE 電池期待寿命 7年~9年
設置日(設置時経過年数) 2007年(14年目) 現在電池寿命 約20年

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6362-4588

PAGETOP
Copyright © 株式会社エルマプロダクツ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.